UBEビエンナーレロゴ

志賀政夫(しが まさお)さんに質問!

彫刻家になるってどんなこと?

○なぜ彫刻家になろうと思ったの?それはいつ?

物を作るのが好きだから。高校生の頃

○作品をはじめてつくったのはいつ?どんな作品なの?

中学生の時塑像で、胸像を作り、石膏で型抜きしました

○なぜ作品をつくるの?これからもつくりつづけますか?

物(素材)を借りて、思うものを表現したいから。体が動けなくなるまで。

○彫刻家に必要なことって?

体力と根性。完成させる忍耐。

○もし彫刻家じゃなかったら何をしていたと思いますか?

画家、デザイナー、音楽家

つくるってどんなこと?

○知識や技術はどこで知るの?

大学で

○どんな場所でつくるの?

自宅の裏にあるアトリエ(作業場)

○作品はひとりでつくるの?

はい

○どんなペースでつくるの?

毎日コツコツと

○今までに何作品くらいつくったの?

250点位

○テーマは、いつ、どう決まるの?

ずいぶん前から、空の色と風の色です。

○アイデアは、いつ、どう決まるの?

朝目覚める頃、ポッ!

○素材や形は、いつ、どう決まるの?

朝目覚める頃、ポッ!

○タイトルは、いつ、どう決まるの?

作品のイメージと同時に、ぽっと決まる

○どこから作り始めるの?

各部材の切断から

○「完成!」はどう決めるの?

自分に納得した時

○材料はどうやって集めるの?

材木屋、鋼材屋、インターネット、ホームセンターなど

○どんな道具を使うの?

丸鋸、チップソーカッター、ドリル、サンダーなどの電動工具

○つくる時間はどれくらい?

いろいろ

○つくる時はどんな気分なの?

わくわく

○つくる費用はどのくらい?

いろいろ

○つくる時に気をつけたり工夫してることは?

けがをしないように

○つくる前後で何か変化があるの?

完成させた充実感

○つくるってどんなこと?

内なるイメージ

○これからどんな作品をつくりたいですか?

感動と喜びを分かち合える作品

○今までで印象深いできごとは?

UBEビエンナーレ彫刻の丘で、設置作業をしている時に、いろいろと励ましてくれたのがとてもうれしかったです。

志賀さんってどんな人?

○好きな作家や作品のこと教えて!

1970年代のミニマルアート

○どんなことが好きですか?

南の島でダイビング

○小さな頃、どんな子どもだったの?なりたかったものはなんですか?

音楽家、画家

○行ってみたい場所、また行きたい場所はどこですか?

南の島

○美しさとは何ですか?

感動と喜び

○なぜUBEビエンナーレに作品を出そうと思ったの?

野外彫刻でしか表現できないものを作ってみたいから

「みんなで微笑む(虹色の椅子)」作品のこと教えて!

○なぜにじ色にしたんですか?(黒石小学校4年生)

雨上がりの空にきれいな虹を見たのがとても印象に残ったから。

○なぜいすは36こなんですか?(東岐波小学校4年生)

作品の大きさに制限があるので、隣同士がぶつからないように配置をしたら36脚になりました。

○なぜいすはすわらないとまわらないんですか?(新川小学校4年生)

座らないで回ると怪我をする恐れがあるので、座ってゆっくり回るようにしました。

「みんなで微笑む(虹色の椅子)」のここが好き!

○このいすにすわると、自分も、みんなも、えがおになれた。いすにすわるだけで、1人ひとりがえがおになれた。なので、かなしいときや、くるしいときに、すわるだけで、たのしいきもちになれるのがいいと思ったからです。(東岐波小学校4年生)

友達の悲しい顔を見るのはつらいですよね。笑顔を見ると自分も楽しくなりますね。

○いすが色とりどりで「虹色のいす」の題名にぴったりだと思いました。わたしが好きな色はみず色と黄色の組合せです。下の小さな四角に小物を入れたらかわいいと思います。(厚南小学校4年生)

色と色の組み合わせは無限にあります。きれいな組み合わせをたくさん見つけてね。

彫刻データベースの作品情報はこちら