UBEビエンナーレロゴ

かたちを探そう! × 谷口顕一郎

ドイツを拠点に活動している谷口顕一郎さん。アトリエには蝶番や歯車のついた黄色い彫刻がたくさん並んでいたよ。これはいったい何のかたちだろう?作品のお話や地元札幌での思い出、ドイツに渡り芸術家として生きることについてお話を聞いてきたよ。

インタビュー2020年6月5日、6月13日

ドイツのアトリエは、1904年築のアパートを改装して使っています。

トキトキ:谷口さんこんにちは!アトリエには色んな道具や作品が並んでいて、ワクワクしてくるなぁ。

谷口:アトリエはドイツにある1904年に建てられたアパートを使ってるよ。使っている道具は、一つ一つ吟味していて、僕の手の延長なのでとても大切にしているんだよ。使うときも片付けるときも感謝をこめて扱うようにしているし、例えば作品に使う小さなネジは、お気に入りの小箱に入れて並べているよ。こういうものを見るとワクワクするよね。

トキトキ:ねぇねぇ、この黄色い彫刻は、なんていう名前なの?

谷口:これはね、今作っている作品で、広島のかたちを作品にした「凹み彫刻」だよ。

トキトキ:凹み彫刻?

谷口:えーとね。ぼくは身の回りの、例えば道路や家の壁なんかにできたひび割れや傷の形が好きなんだけど、特に気に入った形をシートに写し取って作品にしているんだよ。その作品のことを「凹み彫刻」っていうんだけど、この広島の凹み彫刻は、広島の街そのものの形を大きな凹みとして考えて作った作品だよ。

トキトキ:へー、なんだかおもしろそう!ずっと凹みの彫刻をつくっているの?

谷口:最初に凹みの彫刻をつくったのは今から20年くらい前で、大学の卒業してちょっとしたくらいかな。展覧会の会場の床に大きな凹みがあって、何かできないかなぁって考えたのが最初だよ。その時作った作品がとってもかっこよくて、ワクワクして、もっと作りたいなぁって思ったんだよ。

トキトキ:トキトキも、ワクワクしたいなぁ。でも、ずっと続けるのって難しそう。

谷口:そうだねー。僕も、ずっと変えようとは思ってるんだよ。でも、まったくはじめてのことをやるよりは、いまやっていることを高めたり深めたりすることで、自分を変えたいなぁって思ってる。この方法が絶対正しいとも言えないけれど、僕にはこのやり方が合ってるかなぁ。僕の作品の中でもこれだけは変えないようにしよう、という要素がいくつかあるんだけれど、そこを変えないで、いかに高みに持っていけるかが大切かなぁ。自分にあったものを見つける。好きなことや、タイプを見つける。まどわされないことも大切かもね

トキトキ:トキトキも、好きなこといっぱいあるよ!でも、なかなかうまく作れないときもあるんだ。

谷口:僕の経験でね。ヨーロッパに来てから作品がうまくいったなぁ、成長したなって思う機会が3回くらいあるんだけど、もちろん小さな成長は数えきれないくらいあるけどね、大きい成長ね。それは何かに失敗したり、本当に悔しい思いをしたときに成長したんだよ。そういう時にうまくいくようになる。どうやったらいいかっていうと、人のせいじゃなくて、自分がいたらなかった、自分の作品がダメだった。悔しいけれど自分の責任。その時に、失敗した時に「よし!もっといいものを作ろう」と思えるかどうかが大事かな。うまくできなくても、人のせいにしないでもっと頑張ればきっとうまくいくよ。

1 2 3