UBEビエンナーレロゴ

見方を変えてみよう! × 久村卓

美術家の久村卓さんのアトリエに遊びに行ってきたよ。アトリエといっても普通のお家なんだけど、壁にかかってる服やテーブル、久村さんが着ているシャツなんかも全部自分で作ったものなんだって。「あのシャツなんだけどね、実はあれも彫刻なんだよ」って、久村さんどういうことですか?

インタビュー2020年7月18日、8月11日

コラムその1:アトリエは普通のお部屋?でした

トキトキ:久村さんこんにちは!UBEビエンナーレ新聞新人記者のトキトキです。今日は、よろしくお願いします。

久村:やぁトキトキ。今日は来てくれてありがとう。さっそくアトリエから紹介するね。アトリエといっても、普通の部屋だよ。ここでは刺繍で作る彫刻のシリーズや、デスクワークなんかをするところだね。居心地が良くて一日中こもっているよ。

トキトキ:刺繍で彫刻…。なんだか面白そう。

久村:あのシャツなんだけどね、実はあれも彫刻なんだよ。あとは、このテーブルも作品として展覧会に出品したものだし、リビングの椅子も僕の作品なんだよ。こうして作品として作ったものを、そのまま使って暮らしてるんだよ。今僕が着ている服も、作品ではないけれど、お店で売られている服を買ってきて、布を縫いつけたり、絵を描いたりして使ったりしているんだよ。量産品を一点ものにするっていう感じかな。

トキトキ:大きい作品もここで作るの?

久村:いやいや、相模原市に共同アトリエを借りていて、音や埃の出る仕事はそっちでやっているんだよ。宇部にもまあまあ大きい作品を出品したことがあるんだけどさ、さすがに家で作ったら周りの人から怒られるからね。相模原市にはアトリエがたくさんあって、アーティストが100人以上いるんだよ。ここ数年は、毎年一緒になって「スーパーオープンスタジオ」っていうのをやったりして、色々と情報交換出来たりするのも良いところだね。

トキトキ:いいなぁ。うらやましいなぁ。トキトキもアトリエに入りたいなぁ。

久村:宇部にもそういうアトリエがあったら楽しいかもね。僕は大学卒業するちょっと前くらいかな、漠然と作家活動しようって思っていて、周りの人に「どこかにアトリエ無いかなー、入りたいなー」って言ってたんだよ。そうしたら卒業して半年くらいしてから先輩に声をかけてもらって、今のアトリエに入ることができたんだよね。何かやってみたいことがあったら、とにかく誰かに話してみるのはいい方法だね。

1 2 3 4